LIFEHACK

本棚をスッキリさせるおススメな方法とは?

更新日:

こんにちは、Kenです。

この2〜3ヶ月、一念発起し、自分の中でも割りと大きな一歩を踏み出しました。
今はソレに向けて準備をしているのですが…。

そのためにはもっと身軽になろう、と思って周りを物色中。
本棚をみると…

  • 昔読んだ面白い本
  • 読むつもりだけど読めてない本
  • 感銘を受けた名書

など処分できないし、残しておきたい…でも、場所も限られてるし。

って言う事ありませんか??

Kenは結構あります。専門分野の教科書なども、今は使わないけど、時々調べたいときもある、みたいな。

今回の記事はそんな『今すぐに必要じゃない本棚を整理する方法』です。

スポンサーリンク

Adsence


本って棄てれないですよね^^;
放っておくとドンドン溜まっていきます。
アンチエイジング、美容皮膚科なんかの雑誌も毎月のように送られてきます…。

edf

気づいたら本棚が一杯・・・なんてことないですか?ざっと本棚の1つから該当する本を置いてみたらこんな感じでした^^;

で、今回利用するのはBookScanというサービスです。

名前の通り『本をScanして、PDF化』してくれます。

Book Scanとは?

自炊(紙面媒体をデータ化)を有料で行ってくれるサービスです。
プランによって違いますが、Amazonで買った本なんかをBookScanさんに送ると、数日でPDFになってDropBoxに共有されてます。
つまり世界中どこにいても、データ化されていない本を読むことが可能になるわけです。

Book Scanの流れ

Kenは今回、初めてこのサービスをお願いしたので、データ化したい本がたくさんあります。
ですので、めちゃくちゃ急ぐわけではないですが、それ以外のサービスも加味してプレミアム会員にしました。
(*プランの違いに関しては、後ほど説明します)

edf

大量に送るので、有料サービスのダンボールもGet。これは着払いで送れるので便利!!

実際に送って数日で、『到着しました』、さらに『読み込み完了しました』のメールがきます。

すると、ログインするとこんな感じで本棚で、自分の本棚にスキャンしてもらった本が並びます。

さらにチューニングと言って、自分が閲覧するブラウザを設定したり、OCR機能や音声出力なんかも設定出来たりします。

実際の流れ


実際にScanしてもらったPDFはこんな感じです。
OCRも性能が良く、きちんと文字を認識してくれるので、このように検索ができます。

コレって何気にすごく便利。一度読んだけど・・・『アレってどこに書いてあった?』ってのがあると思います。
医学などの教科書なら目次もあるんですが、紙媒体では文字検索は当然ありません。

またオーディオブックとして倍速で本を読んでくれます(mp3ファイルでダウンロードできます)。
2倍速なんて全然聞き取れます。経験的に3倍速まではすぐに慣れます。
正直、通常の速度で1回聞くよりも2倍速で2回聞いたほうが頭に残ります。

良質的かつ、効率的なインプットを求めるなら是非tryしても良いと思います。

Book Scanのプランについて

まず、ホームページから抜粋した両プランの違い一覧をお見せしますね。

実際に使ってみると全然違いますね。
金額的にはプレミアム会員は50冊/月で9,500円なので、通常会員の倍ぐらいかかるんですが、OCR・名前変更などするともうプレミアム会員の金額を超えちゃいます。

さらに、

  • ファイルの無期限保管
  • 納期の優先(到着後2〜3日)
  • チューニングラボの優先(20分前後)
  • 音声読み上げ変換

などなど、とても便利です。

毎月1万円程度は高いと思いますが、とりあえず手持ちの本の山が完全に無くなるまではプレミアム会員でいることをおススメします(笑)

おまけ

実は噂ではもう1つ、プランがあるようなのですが、コレはプレミアム会員を脱退したら出てくるようなんですね。

Kenもあと1〜2ヶ月でプレミアム会員は退会する予定なので、その時に確認してみますね。

そしたら皆さんにもシェアします。

Adsence

Adsence

-LIFEHACK

Copyright© アンチエイジング医師オススメ   自分の人生を楽しむためのブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.